男性用はダメ!女性は女性専用の育毛剤を使うべき理由3つ

男性用はダメ!女性は女性専用の育毛剤を使うべき理由3つ

近年は女性の方でも気軽に薄毛の悩みや頭皮の悩みを口に出来る様になりましたし、育毛ケアの情報を交換できる場所も増えてきました。

 

また、店頭やネットショップでも様々な女性専用の育毛剤が販売されるようになってきたので、女性の育毛ケアや対策も今や常識となってきたといっても良いでしょう。

 

しかし、せっかく育毛ケアや育毛対策をしても、正しい物を正しく使わなければ意味がありません。男性には男性用の育毛剤があるように、女性には女性用の育毛剤があるのです。

 

今回は女性専用の育毛ケアや対策についてレポしたいと思います。

 

男性と女性では薄毛になる原因が異なる

 

まず、男性と女性では脱毛のメカニズムにも大きな違いがあるのです。

 

それは男性型の脱毛の場合は、頭頂部やおでこの生え際が局所的に薄毛になっていく事が特徴と言われていますが、女性の場合は頭頂部の全体が薄毛になっていきます。それは男性ホルモンと女性ホルモンの原因が大きいのですが、特に年齢がまだ若い方の薄毛は栄養面も問題なども指摘されています。

 

ホルモン自体が違うので、当然薄毛のなり方にも特徴の差が出るので、育毛ケアをするものにも専用の物を使う方が効果的です。そうなると当然、真っ先に頭に浮かぶのは育毛剤です。せっかく育毛剤を使用しても、自分に合っているものでなかれば意味はありません。

 

男性は男性用育毛剤がある様に、女性にも女性用育毛剤があるので、女性が育毛ケアをする場合は女性用の育毛剤を使うのが常識なのです。

 

女性が薄毛となる原因とは

 

女性の薄毛の場合は年齢性、ストレス性、遺伝性、過度なダイエット、産後、栄養バランスの低下などなどいくつかの事が考えられるのです。

 

まず、特にダイエットや栄養不足の場合は心臓や内臓といった内臓に優先的に栄養が先に行くので、髪の毛や頭皮には充分な栄養が届かないため薄毛となると言われています。髪の毛と言うのは約95%がケラチンと呼ばれている18種類ものアミノ酸が結合してできるタンパク質から構成をされているのですが、栄養のバランスが崩れてしまうと、ケラチンも低下します。ケラチンは加齢と共に低下していくものなので、栄養不足が続くと更なるケラチンの低下がしてしまい、頭皮や髪の毛に影響を与えてしまうのです。

 

 

女性育毛剤の成分に注目をしてみる

 

女性用育毛剤の多くには女性育毛剤特有の成分が入ってます。

 

まず、髪の毛と頭皮に充分な栄養を与える為に必要な栄養成分、更に血管拡張させる成分。次に、頭皮の環境と整える成分である、保湿、消炎、頭皮代謝、角質溶解に有効な成分。そして育毛を予防してくれる、男性ホルモン抑制、抗菌、抗酸化効果のあるものがメインとして配合されているのです。これは当サイトで紹介しているマイナチュレも同様です。

 

男性ホルモンが生成する脱毛ホルモンというものは、抜け毛や薄毛の原因となるのですが、これを抑制成分と言うのは女性の育毛の役に立ちます。男性ホルモンというものは女性の体内にも存在がするのです。

 

頭皮に充分な栄養を与えて、血管を拡張させて、充分な保湿成分を与えながら消炎成分でかゆみの予防や肌あれの予防をします。そして肌と同じく頭皮も酸化をさせない為に抗酸化成分を与えるのです。女性の頭皮と髪の毛に合っている成分の育毛剤を使用する事で、健康な頭皮と髪の毛を取り戻すことに一歩近づけるので、女性は女性専用の育毛剤を使用する事をお勧め致します。

 

 

⇒当サイトで推奨する女性用育毛剤のマイナチュレはこちらから