美髪のためのエイジングケア!意識すべき3つの成分

美髪のためのエイジングケア!意識すべき3つの成分

女性の見た目年齢を大きく変えてしまうのが髪です。

 

 

美しい髪の維持は女性のエイジングケアに欠かせないものの一つです。人はいつも正面からばかり見られる印象で捉えられるのではなく、全身の全体からの印象でその人の年齢を把握するものです。

 

 

特に女性の後姿については髪のハリの印象が与える影響は大きく、十代の学生とその他の年齢の女性を比較すると一目瞭然であると言われています。今回は、いつまでも少女の頃のようなハリのある髪を育むために必要な3つの栄養成分について、ご紹介したいと思います。

 

 

タンパク質が他の女性の髪と差をつける

 

 

まず、髪の健康には普段毎日食べて摂取しているものが大きく影響しており、美しい髪をつくるにはワカメや昆布など海藻類がいいということは有名な話です。

 

しかし、髪の成分の95パーセント以上がタンパク質である事実を考えると、タンパク質の摂取について考えることが他の女性と差につながってきます。

 

 

タンパク質が多く含まれる食品として毎日取れて手軽なものに納豆や卵、牛乳があげられます。特に畑の肉と呼ばれる大豆は、大豆イソフラボンで有名な女性ホルモンをサポートする成分を含んでいるため美髪にもおすすめです。

 

 

また、動物性タンパク質としては魚から摂取することができるDHAやEPAがおすすめです。魚から摂取することができるとはいえ、毎日魚を食べることの少なくなった現代人には、DHAやEPAについては簡単にサプリで補うことも有用だと言われています。

 

 

ミネラルは綺麗な髪と肌に必須の栄養

 

 

亜鉛も重要な成分です。

 

 

亜鉛は牡蠣や牛肉、卵、チーズ、ワカメなどの海藻類に多く含まれていますので日ごろから意識して日常の食事に取り入れることをおすすめします。

 

 

冒頭の例であげたワカメや昆布などの海藻類の摂取が美髪に効くという有名な話の根拠は、海藻類にはミネラルを多量に含有されていることが最大の理由です。これらは摂取したタンパク質、脂質や炭水化物の代謝に欠かせません。ミネラルが不足してしまうと血流に問題が起きます。

 

 

そのミネラル分のなかでも亜鉛を筆頭にして鉄分などの成分も血流には必須であると言われています。

 

 

髪の育成のために欠かせないタンパク質は体内に入ってアミノ酸に変化します。そしてそれらのアミノ酸をケラチンタンパクに再結合させるのが亜鉛の重要な働きです。

 

 

毎日積極的に摂取してほしいビタミンB

 

 

ビタミンB群の積極的な摂取を忘れないようにしましょう。

 

 

ビタミンB1やビタミンB6、B12はタンパク質の代謝に影響を及ぼし、ビタミンB2は髪の細胞の再生に関与しています。これらは美髪のみならず美肌の維持のも影響があるエイジングケア成分です。多く含まれて日常から食事で取り入れやすいものとしては豚肉がおすすめです。しかし、市販のビタミン剤で毎日積極的に摂取するのもよいと思います。

 

 

残念なことに髪のエイジングケアについては、一朝一夕では叶いません。毎日の正しい食習慣が重要な役割を果たします。何よりもまずは日ごろの食事からというのが基本であり、それを補うためのサプリメントをの併用をおすすめしています。美髪のエイジングケアとしてタンパク質、ミネラル、ビタミンB群の3つを意識するようにしましょう。